花職向上の十式 すべての花職人たちへ 【 プロのための知識と技術 】

花職人は専門の知識と技術が必要です。習得の為に色々努力をします。 確かな技術習得にはある程度専門的な学習が必要ですが、情報が錯乱している現代では、なかなかその導が見つけられなくいる花職人が多いようです。そこでこの花職向上の十式 その全てを公開しています。
花職向上委員会
トップページ HOME 花職向上委員会 花職人検索 花職向上members お問い合わせ E-mail
花職向上委員会

トップページ HOME 花職向上委員会 花職人検索 花職向上members お問い合わせ E-mail

花職向上の十式:
最終更新日
2018/11/23 12:52

花職向上の十式
花職向上 特集ピックアップ記事
デザイン・造形・講師・自己開発
花職向上委員会 出版Books

デザインの世界
花職向上の十式 フローラルアート
花職向上の九式 効果とテーマ
花職向上の八式 印象とインスピレーション

花の「基礎」
花職向上の七式 植物の扱い
花職向上の六式 テクニック

花の「基礎」
花職向上の五式 空間と動き
花職向上の四式 構図
花職向上の三式 歴史
花職向上の二式 調和(ハーモニー)

基本的なルール
花職向上の一式 配置
花職向上の零式 花に携わる


【その他のメニュー】


■ すすめかた(例)

 ★ 推奨「基礎科」〜
    デザイン造形

 □ 新・講師開発
 □ 新・自己開発
 □ デザイン・造形

■十式の使い方 How-To

■花職向上の十式(for_PDF)







花職向上の三式 【 歴史 】


 過去の構成などを知ることで、現代の動向そして技術・知識が養えます。
 過去を飛び越して、現代の技術や知識だけを追うことも可能です。しかし道標や動向が見えない中で行うより、例え一通りだけでも、知っていることとは、大きな違いにもなってきます。
 これら歴史は、強制するつもりもありませんが、早めの習得には、便利なものかもしれません。

 分類も大きく分けており、それぞれのシステムを習得さえすれば、次のステージに上がると良いでしょう。もちろん「四式」以降もこれら「三式」をマスターした上で行うことが、より理解を深めることになろうかと思います。


 「花職向上」それは全ての「花職」に関わる重要な「テーマ」と考えます。
 この「十式」は「花職全体」の事を考え、公表しております。「花職向上」に肯定される場合は、ご自由に複製し、ご活用ください。


CLASS Style_Line(Pattern)
3つの
グループ分け
・共同形態
・古典的ヴェゲタティーフ
 (=イマジネーラープンクテ)
パラレル ・パラレル
 (=装飾的) (=植生的) (=図形的)
 (=フォーメーション)
重点や比率の変化 ・重点を高く
 (ホッホシュテケン 閉じた輪郭)
 (ホッホシュテケン 開いた輪郭)
 (ホッホゲシュテクター シュトラウス)
 (ホッホゲブンデナー シュトラウス)
・ホッホフリーセント
 (=ピラミダーレ)
・エンガイ形
 (モダンで装飾的な花嫁の花束 H/W)
 (モダンで装飾的な花束)
クラシック ・クラシックフォーム
 (ナチュアリッヒ=) (ノイ=)
 (ノイコンヴェンチオネル)
・低いクラシックフォーム
 (ノイ=) (高貴な自然さ=) (=新解釈)
・ボーゲンフォルム
・クランツ<花環>
 (ビンデクンスト) (スポンジテクニック)
・ブケットシュティール
 (アインファセン)
その他 ・物語
 (シンボルの花) (神話の花) (聖書の花)
・西洋の様式と主義


 このホームページでは、詳しく「三式:歴史」について解説しています。
 以下の表題(CLASS)をクリックして、情報を閲覧ください。
  1. 3つのグループ分け
  2. パラレル
  3. 重点や比率の変化
  4. クラシック





花職向上の十式花職向上 特集ピックアップ記事デザイン・造形・講師・自己開発
デザインの世界
花職向上の十式 フローラルアート花職向上の九式 効果とテーマ花職向上の八式 印象とインスピレーション
花の「基礎」
花職向上の七式 植物の扱い花職向上の六式 テクニック花職向上の五式 空間と動き花職向上の四式 構図花職向上の三式 歴史花職向上の二式 調和(ハーモニー)
基本的なルール
花職向上の一式 配置花職向上の零式 花に携わる


www.flower-d.com/10siki/
花職向上委員会 「花職向上の十式」
Copyrightc 2007 flower-d.com All Rights Reserved.