花職向上の十式 すべての花職人たちへ 【 プロのための知識と技術 】

花職人は専門の知識と技術が必要です。習得の為に色々努力をします。 確かな技術習得にはある程度専門的な学習が必要ですが、情報が錯乱している現代では、なかなかその導が見つけられなくいる花職人が多いようです。そこでこの花職向上の十式 その全てを公開しています。
花職向上委員会
トップページ HOME 花職向上委員会 花職人検索 花職向上members お問い合わせ E-mail
花職向上委員会

トップページ HOME 花職向上委員会 花職人検索 花職向上members お問い合わせ E-mail

花職向上の十式:
最終更新日
2018/11/23 12:52

花職向上の十式
花職向上 特集ピックアップ記事
デザイン・造形・講師・自己開発
花職向上委員会 出版Books

デザインの世界
花職向上の十式 フローラルアート
花職向上の九式 効果とテーマ
花職向上の八式 印象とインスピレーション

花の「基礎」
花職向上の七式 植物の扱い
花職向上の六式 テクニック

花の「基礎」
花職向上の五式 空間と動き
花職向上の四式 構図
花職向上の三式 歴史
花職向上の二式 調和(ハーモニー)

基本的なルール
花職向上の一式 配置
花職向上の零式 花に携わる


【その他のメニュー】


■ すすめかた(例)

 ★ 推奨「基礎科」〜
    デザイン造形

 □ 新・講師開発
 □ 新・自己開発
 □ デザイン・造形

■十式の使い方 How-To

■花職向上の十式(for_PDF)







花職向上の十式 【 フローラルアート 】


 人間の第六感(感情も含む)に頼るように、得体の知れない「もの」から授かることは非常に困難で、理解不能です。本来の「ものづくり」の手法を知らない人は、いつもそういった「第六感」に頼るようです。
 また見る人の多くは「センス」や「感性」と言う曖昧な表現で評価し、片付けてしまいます。もちろん評論家も同じこと。
 一方、花職の「欧米化」も進み、「かたち」のあるものしか認めない方向性さえも出てきてしまいました。「センス」「感性」だけが残っているのは少し都合が良すぎではないだろうか。「花の基礎」=「七式」を飛び越え、すぐここに来たがるのは、都合が良すぎ中身の無い造形になりがちです。
 元来は造形の「痕跡」を残すために過去や記憶・かたち・風景・物事などと結びつけ、造形していくものだったはず。その元となる「考え」と「構築方法」をマスターするのが、現代の最終章とも言われています。


 花職向上委員会では、レッスンの永続を否定しています。講師(先生)の考えなどを一生涯学んだとしても、それはコピーにしかすぎないのです。新たに表現力であったり、抽象的なテーマであったり、数多く生み出すことは容易です。しかしそれを望んではおりません。
 非形象構成法をマスターすれば、言葉からのインスピレーションでどこまでも発展させる事が可能で、無限のテーマ性を生み出すことができます。形象純化法をマスターすれば、物事を創造できるちからが養います。オートマティズムをマスターすれば、無限の可能性を毎日探る事ができるのです。
 結局この3つ(+基礎造形)さえマスターすれば、何も一生涯レッスンを受けなくても、クリエイティブで異なる様相をいつまでも表現できる訳です。花職向上委員会の考え方は、その他の業態にも活用できるものと信じています。


CLASS Style_Line(Pattern)
フローラル
アート
・オートマティズム
・形象純化法(抽象)
・非形象構成法
その他   


 以下の詳細ページでは、花職向上の十式の一部を垣間見ることが可能です。
  1. フローラルアート




花職向上の十式花職向上 特集ピックアップ記事デザイン・造形・講師・自己開発
デザインの世界
花職向上の十式 フローラルアート花職向上の九式 効果とテーマ花職向上の八式 印象とインスピレーション
花の「基礎」
花職向上の七式 植物の扱い花職向上の六式 テクニック花職向上の五式 空間と動き花職向上の四式 構図花職向上の三式 歴史花職向上の二式 調和(ハーモニー)
基本的なルール
花職向上の一式 配置花職向上の零式 花に携わる


www.flower-d.com/10siki/
花職向上委員会 「花職向上の十式」
Copyrightc 2007 flower-d.com All Rights Reserved.