花職向上の十式 すべての花職人たちへ 【 プロのための知識と技術 】

花職人は専門の知識と技術が必要です。習得の為に色々努力をします。 確かな技術習得にはある程度専門的な学習が必要ですが、情報が錯乱している現代では、なかなかその導が見つけられなくいる花職人が多いようです。そこでこの花職向上の十式 その全てを公開しています。
花職向上委員会
トップページ HOME 花職向上委員会 花職人検索 花職向上members お問い合わせ E-mail
花職向上委員会

トップページ HOME 花職向上委員会 花職人検索 花職向上members お問い合わせ E-mail

花職向上の十式:
最終更新日
2018/11/23 12:52

花職向上の十式
花職向上 特集ピックアップ記事
デザイン・造形・講師・自己開発
花職向上委員会 出版Books

デザインの世界
花職向上の十式 フローラルアート
花職向上の九式 効果とテーマ
花職向上の八式 印象とインスピレーション

花の「基礎」
花職向上の七式 植物の扱い
花職向上の六式 テクニック

花の「基礎」
花職向上の五式 空間と動き
花職向上の四式 構図
花職向上の三式 歴史
花職向上の二式 調和(ハーモニー)

基本的なルール
花職向上の一式 配置
花職向上の零式 花に携わる


【その他のメニュー】


■ すすめかた(例)

 ★ 推奨「基礎科」〜
    デザイン造形

 □ 新・講師開発
 □ 新・自己開発
 □ デザイン・造形

■十式の使い方 How-To

■花職向上の十式(for_PDF)







花職向上の三式 【 歴史 】 パラレル


 1970(1969)年、自然界をもう一度見つめ直し誕生した構成がこのパラレルです。 もちろん背景には1954年にスミザースオアシスの誕生があったのは言うまでもありません。
 そのパラレル構成は、全体の50%以上が平行(並行)に見えれば、また構成されればバラレルという最も解り易い解釈で、世界中に広まったものです。日本でもいけばなとの融合があり、アメリカにまでその文化は及びました。
 しかし現在では、それらのパラレル構成は完全に教科書の世界と歴史の世界に閉じこもってしまいました。 もちろん発展したこの業界ならではのこともありますが、重要なシステムを忘れてしまった方向も多々とあったからでしょう。
・パラレル
 (=装飾的) (=植生的) (=図形的)
 (=フォーメーション)


 ここではこれらパラレル構成を学びますが、基本的には先のカテゴリーから引き継いだものを含め、システムの習得を目指します。
 もちろん他のカテゴリーに移行できるテーマもあります。例)フォーメーション=六式:構成から学ぶ(ネーベンアイナンダー) または グラフィック=五式:図形的 など、移行や融合または削除も可能でしょう。
  1. 閉じた輪郭=開いた輪郭 (フォーム=フィギア)
  2. 奥行きの出し方(動きから高低差まで)
  3. 古典的3つのグループ分け
  4. バランス点 と 重点(グループ軸など)
  5. √矩形と黄金比の比率の習得
  6. リズミカルと段付け
  7. 現象形態など


花職向上の十式花職向上 特集ピックアップ記事デザイン・造形・講師・自己開発
デザインの世界
花職向上の十式 フローラルアート花職向上の九式 効果とテーマ花職向上の八式 印象とインスピレーション
花の「基礎」
花職向上の七式 植物の扱い花職向上の六式 テクニック花職向上の五式 空間と動き花職向上の四式 構図花職向上の三式 歴史花職向上の二式 調和(ハーモニー)
基本的なルール
花職向上の一式 配置花職向上の零式 花に携わる


www.flower-d.com/10siki/
花職向上委員会 「花職向上の十式」
Copyrightc 2007 flower-d.com All Rights Reserved.