花職向上の十式 すべての花職人たちへ 【 プロのための知識と技術 】

花職人は専門の知識と技術が必要です。習得の為に色々努力をします。 確かな技術習得にはある程度専門的な学習が必要ですが、情報が錯乱している現代では、なかなかその導が見つけられなくいる花職人が多いようです。そこでこの花職向上の十式 その全てを公開しています。
花職向上委員会
トップページ HOME 花職向上委員会 花職人検索 花職向上members お問い合わせ E-mail
花職向上委員会

トップページ HOME 花職向上委員会 花職人検索 花職向上members お問い合わせ E-mail

花職向上の十式:
最終更新日
2018/11/23 12:52

花職向上の十式
花職向上 特集ピックアップ記事
デザイン・造形・講師・自己開発
花職向上委員会 出版Books

デザインの世界
花職向上の十式 フローラルアート
花職向上の九式 効果とテーマ
花職向上の八式 印象とインスピレーション

花の「基礎」
花職向上の七式 植物の扱い
花職向上の六式 テクニック

花の「基礎」
花職向上の五式 空間と動き
花職向上の四式 構図
花職向上の三式 歴史
花職向上の二式 調和(ハーモニー)

基本的なルール
花職向上の一式 配置
花職向上の零式 花に携わる


【その他のメニュー】


■ すすめかた(例)

 ★ 推奨「基礎科」〜
    デザイン造形

 □ 新・講師開発
 □ 新・自己開発
 □ デザイン・造形

■十式の使い方 How-To

■花職向上の十式(for_PDF)






花職向上の二式 【 調和(ハーモニー) 】


 植物の取り合わせ1つで様々な効果が出てきます。それを大きく分けると以下のように「表面」から「動き」「内面」となります。 これら大きく3つの調和にも、共通点が存在します。それが1つのシステムです。
 システムだけを理解、そして活用するのは困難なことかもしれません。そこで、様々なパターン(スタイル)を経て、共通であるシステムの習得を目指します。
 美とは、ハーモニー(調和)があって表現できるものです。調和とは、同じでない幾つかの要素が1つの統一感に従って集められたものです。 「統一と変化」それが調和を生み、ハーモニーを奏で、美しいものを表現していくものです。
 入り口として「表面的調和」から入ると、より理解しやすいものです。なぜなら多くの他業種でも扱っている「色彩」について考えていけるからです。
 さらに「内面調和」まで発展しますが、これには「六式」以上の知識・テクニックも必要となります。色彩や質感での調和を理解したら「三式」以降へ行き、しばらくしてから戻って、再度研究すると良いでしょう。


 「花職向上」それは全ての「花職」に関わる重要な「テーマ」と考えます。
 この「十式」は「花職全体」の事を考え、公表しております。「花職向上」に肯定される場合は、ご自由に複製し、ご活用ください。


CLASS Style_Line(Pattern)
表面的調和 ・色彩調和
 (トーンの統一+色相の変化)
 (色相の統一+トーンの変化)
・質感調和
 (構造的) (シュトルクトゥリエルト)
 (マスアレンジメント)
 (構造的な花嫁の花束 H/W)
 (解かれた構造的花嫁の花束 H/W)
動きの調和 ・静と動のバランス
 (シュターティック リトミック)
 (モノフォルム)
内面的調和 ・季節の調和
・表現の調和


 このホームページでは、詳しく「二式:調和(ハーモニー)」について解説しています。
 以下の表題(CLASS)をクリックして、情報を閲覧ください。
  1. 表面的調和
  2. 動きの調和
  3. 内面的調和




花職向上の十式花職向上 特集ピックアップ記事デザイン・造形・講師・自己開発
デザインの世界
花職向上の十式 フローラルアート花職向上の九式 効果とテーマ花職向上の八式 印象とインスピレーション
花の「基礎」
花職向上の七式 植物の扱い花職向上の六式 テクニック花職向上の五式 空間と動き花職向上の四式 構図花職向上の三式 歴史花職向上の二式 調和(ハーモニー)
基本的なルール
花職向上の一式 配置花職向上の零式 花に携わる


www.flower-d.com/10siki/
花職向上委員会 「花職向上の十式」
Copyrightc 2007 flower-d.com All Rights Reserved.