花職向上の十式 すべての花職人たちへ 【 プロのための知識と技術 】

花職人は専門の知識と技術が必要です。習得の為に色々努力をします。 確かな技術習得にはある程度専門的な学習が必要ですが、情報が錯乱している現代では、なかなかその導が見つけられなくいる花職人が多いようです。そこでこの花職向上の十式 その全てを公開しています。
花職向上委員会
トップページ HOME 花職向上委員会 花職人検索 花職向上members お問い合わせ E-mail
花職向上委員会

トップページ HOME 花職向上委員会 花職人検索 花職向上members お問い合わせ E-mail

花職向上の十式:
最終更新日
2019/08/02 10:26

花職向上の十式
花職向上 特集ピックアップ記事
デザイン・造形・講師・自己開発
花職向上委員会 出版Books

デザインの世界
花職向上の十式 フローラルアート
花職向上の九式 効果とテーマ
花職向上の八式 印象とインスピレーション

花の「基礎」
花職向上の七式 植物の扱い
花職向上の六式 テクニック

花の「基礎」
花職向上の五式 空間と動き
花職向上の四式 構図
花職向上の三式 歴史
花職向上の二式 調和(ハーモニー)

基本的なルール
花職向上の一式 配置
花職向上の零式 花に携わる


【その他のメニュー】


■ すすめかた(例)

 ★ 推奨「基礎科」〜
    デザイン造形

 □ 新・講師開発
 □ 新・自己開発
 □ デザイン・造形

■十式の使い方 How-To

■花職向上の十式(for_PDF)







模範的なすすめ方 Step5-2 
【 テクニックで空気感を 】


 次から次に今は吸収する時です。ペースを保ち一気に学び履修をすることで、確実・スピーディーに覚えることが可能かと思います。
 「四式」から「七式」までまたがって記述してありますが、これはその方がより覚えややすく確実な成果をあげる為です。必ず受講をする主題を見て、何の為にするのははっきりさせると良いでしょう。そうしなければ、システムそして主題がずれてしまうこともあるからです。
 様々なテクニックや扱いを覚え、空気感のある作品(商品)が作れるようにしていきましょう。とても新しいことが多く、楽しい履修となるでしょう。



テーマ・解説 など Check!
(2)-1 【 四式 】 非対称造形=密集と拡散 
  (パラレル 及び フリーセンデス・ファレンデス)
 
(2)-2 【 六式 】 構成から学ぶ=インアイナンダー
【 六式 】 構成から学ぶ=アウシュブライデント = ツーリュックフィーレント
 
(2)-3 【 七式 】 自然風=ナチュアリッヒ
【 四式 】 非対称の挿し花
 
(2)-4 【 六式 】 花束=素材を利用して (ペーパー・枝など)
  < アンコ素材の活用まで >
 
(2)-5 【 二式 】 動きの調和=静止とリズム (モノフォルムまで)
【 五式 】 図形的(植物の動きから) 初級
 
(2)-6 【 五式 】 図形的=純化された動きから
【 五式 】 動きがモチーフ
 
(2)-7 【 五式 】 自然界からの抽出=ゲリュスト
【 五式 】 ヴィッケル (巻かれたもの)
 
(2)-8 【 五式 】 自然界からの抽出=フェアーヴォーベネス (3パターン以上)
【 五式 】 ウムヴォーベン
 
(2)-9 【 六式 】 花束=シュトラウス ミット ウムラームング
【 六式 】 花束=シュトラウス ミット ウンターフォーム (ラウンド)
 
(2)-10 【 六式 】 ブーケ=非対称でモダンクラシック (初級から中級)
  (モダンなプロポーション まで)
 
(2)-11 【 五式 】 生きた空間&死んだ空間 (空間を操る)
  フォーマル・リニアール  キッセン構成  など
 
(2)-12 【 七式 】 成長的=ヴクスハフト (成長的なグループ分け)  
(2)-13 【 五式 】 自然界からの抽出=ゲリュスト
【 五式 】 ヴィッケル (巻かれたもの)
 
(2)-14 【 六式 】 構成から学ぶ=解かれた構成 (花束風など)
【 六式 】 解かれた装飾的花嫁の花束
  (歴史的発展で、二式の質感調和を引き合いに出し、発展系を考慮する)
 
(2)-15 【 五式 】 ロッカー=ユーバシュナイドゥンゲン
【 六式 】 解かれた花束  (アンコ素材の活用まで)
 
(2)-16 【 五式 】 図形的=形象的 装飾的 その他の図形  
(2)-17 【 六式 】 構成から学ぶ=リーゲンデフォーム
【 六式 】 ブーケ=フリーセント
 
(2)-18 【 三式 】 ナチャリッヒ・クラシッシュフォーム (自然なクラシック)
【 三式 】 ノイ・クラシッシュ (新しいクラシック)
 
(2)-19 【 六式 】 花束=シュトラウス ミット ウンターフォーム
  ( ホリゾンタル から その他の表現まで ... マンシュッテ ・ ヴァーゼン= )
 
(2)-20 【 六式 】 寄植=ハンキングバスケット & 寄せ植え
【 四式 】 構図の流れがある対称造形
 
(2)-21 【 三式 】 ノイ・クラシッシュ (低い〜)
【 三式 】 クラシックフォームの新解釈
 






【 模範的なすすめ方.ver1 】

1.step5-1 (花に携わる〜歴史)
2.step5-2 (テクニックで空気感を)
3.step5-3 (最終の基礎からデザインへ)
4.step5-4 (表現力を鍛える)
5.step5-5 (研究そして次のステージへ)

印刷対応ページの表示 (for_PDF)
データ収集用エクセルファイル (for_xls)



花職向上の十式花職向上 特集ピックアップ記事デザイン・造形・講師・自己開発
デザインの世界
花職向上の十式 フローラルアート花職向上の九式 効果とテーマ花職向上の八式 印象とインスピレーション
花の「基礎」
花職向上の七式 植物の扱い花職向上の六式 テクニック花職向上の五式 空間と動き花職向上の四式 構図花職向上の三式 歴史花職向上の二式 調和(ハーモニー)
基本的なルール
花職向上の一式 配置花職向上の零式 花に携わる


www.flower-d.com/10siki/
花職向上委員会 「花職向上の十式」
Copyrightc 2007 flower-d.com All Rights Reserved.