花職向上の十式 すべての花職人たちへ 【 プロのための知識と技術 】

花職人は専門の知識と技術が必要です。習得の為に色々努力をします。 確かな技術習得にはある程度専門的な学習が必要ですが、情報が錯乱している現代では、なかなかその導が見つけられなくいる花職人が多いようです。そこでこの花職向上の十式 その全てを公開しています。
花職向上委員会
トップページ HOME 花職向上委員会 花職人検索 花職向上members お問い合わせ E-mail
花職向上委員会

トップページ HOME 花職向上委員会 花職人検索 花職向上members お問い合わせ E-mail

花職向上の十式:
最終更新日
2018/11/23 12:52

花職向上の十式
花職向上 特集ピックアップ記事
デザイン・造形・講師・自己開発
花職向上委員会 出版Books

デザインの世界
花職向上の十式 フローラルアート
花職向上の九式 効果とテーマ
花職向上の八式 印象とインスピレーション

花の「基礎」
花職向上の七式 植物の扱い
花職向上の六式 テクニック

花の「基礎」
花職向上の五式 空間と動き
花職向上の四式 構図
花職向上の三式 歴史
花職向上の二式 調和(ハーモニー)

基本的なルール
花職向上の一式 配置
花職向上の零式 花に携わる


【その他のメニュー】


■ すすめかた(例)

 ★ 推奨「基礎科」〜
    デザイン造形

 □ 新・講師開発
 □ 新・自己開発
 □ デザイン・造形

■十式の使い方 How-To

■花職向上の十式(for_PDF)







花職向上の九式 【 効果とテーマ 】 テーマ


 フラワーデザイン内外の「テーマ」について考えていきます。できる限り他業界と同等な定義を持ち、進めていくことを願います。
 またここに記した「テーマ」は一部の代表的なもので、まだまだ幾つかのテーマ(定義)は存在します。時代によって、増えたり減ったりする変動的なものと考え進めていくと良いでしょう。
 もちろんすでに基礎の中での話ではありません。新しい時代の新しい造形にどんどんチャレンジをし、進めて行かれる事を願います。
・トランスファーレント
・ノイフンクティオナーレ(新機能)
・プロポーション <過小と過大>
・立つ花束<シュティーシュトラウス>
 (ビンデンデス ビュンデルン) (パラレル=)
 (スタンディングシュトラウス)
・アルタナティーフ
・アインファッハ<簡素>
・ペアリング <関連付ける>
・バオム<樹木>
・求心的と遠心的<エキセントリック>
・構成学より
 (積層&層状) (並べる) (編む)
 (添える) (その他)


様々なテーマ

 「お題」が無く、研究していくのは非常に困難なものです。ここではそれら研究テーマにおいても「テーマ・定義」を設けて、その一部分だけを解釈し、展開していくものと認識ください。
 その部分においても、同じものを大量生産することや、カルチャーなどのように皆同じ材料、同じスタイルでは全く可能性が広がりません。
 デザインする楽しさと、それらを構築する大変さを十分味わって頂きたいものです。 テクニックで仕上げるばかりでは無いので、見真似は十分できるものたちです。しっかりとした土壌の上でこれらのテーマを考え、発展させることができれば、この上楽しいものばかりです。
 それぞれの世界観を楽しんで頂きたいものです。


花職向上の十式花職向上 特集ピックアップ記事デザイン・造形・講師・自己開発
デザインの世界
花職向上の十式 フローラルアート花職向上の九式 効果とテーマ花職向上の八式 印象とインスピレーション
花の「基礎」
花職向上の七式 植物の扱い花職向上の六式 テクニック花職向上の五式 空間と動き花職向上の四式 構図花職向上の三式 歴史花職向上の二式 調和(ハーモニー)
基本的なルール
花職向上の一式 配置花職向上の零式 花に携わる


www.flower-d.com/10siki/
花職向上委員会 「花職向上の十式」
Copyrightc 2007 flower-d.com All Rights Reserved.