花職向上の十式 すべての花職人たちへ 【 プロのための知識と技術 】

花職人は専門の知識と技術が必要です。習得の為に色々努力をします。 確かな技術習得にはある程度専門的な学習が必要ですが、情報が錯乱している現代では、なかなかその導が見つけられなくいる花職人が多いようです。そこでこの花職向上の十式 その全てを公開しています。
花職向上委員会
トップページ HOME 花職向上委員会 花職人検索 花職向上members お問い合わせ E-mail
花職向上委員会

トップページ HOME 花職向上委員会 花職人検索 花職向上members お問い合わせ E-mail

花職向上の十式:
最終更新日
2018/11/23 12:52

花職向上の十式
花職向上 特集ピックアップ記事
デザイン・造形・講師・自己開発
花職向上委員会 出版Books

デザインの世界
花職向上の十式 フローラルアート
花職向上の九式 効果とテーマ
花職向上の八式 印象とインスピレーション

花の「基礎」
花職向上の七式 植物の扱い
花職向上の六式 テクニック

花の「基礎」
花職向上の五式 空間と動き
花職向上の四式 構図
花職向上の三式 歴史
花職向上の二式 調和(ハーモニー)

基本的なルール
花職向上の一式 配置
花職向上の零式 花に携わる


【その他のメニュー】


■ すすめかた(例)

 ★ 推奨「基礎科」〜
    デザイン造形

 □ 新・講師開発
 □ 新・自己開発
 □ デザイン・造形

■十式の使い方 How-To

■花職向上の十式(for_PDF)







花職向上の九式 【 効果とテーマ 】 対比


 対比について研究を重ねます。通常は1つの作品(商品)において、1つの表現だったり1つの構成(テクニック)で制作していきます。
 ここでは異なった2つ(通常3つは有り得ない)の関係及び構成を考えていきます。 もちろんそれぞれにハーモニーする必要があるのですが、2つの共通点を探すの事が非常に重要な要素だということも考えていきます。
・様式<シュティール>
 (=ブルッフ) (=ミックス)
・異化効果
・その他の対比
 (中央と周辺) (言葉による対比)
 (人工と自然) (平面と立体)


様々な対比と効果

 現在このページでは、それぞれを分類せずに表記しています。
 最初ににこれらのスタイルを「様式」と認識し、そのスタイルの対比から入ると非常に解り易くなるでしょう。その後伝統的になりつつある定義を経て、様々な対比を考えていきます。
 対比とはすなわち「同じあるいは類似の定義の対極にあるもので、それは全く異なった世界に思えるが、実に絶妙な関係を保っている、複数の存在」という解釈を念頭におき、それぞれの定義において考えていきます。
 もちろんここでのテーマでもそれぞれ、他のテーマ(定義)と混合(融合)する場合もあります。 また対比を行う場合には、当然ハーモニー(調和)が完全に理解し活用しなければならないという事を忘れないでください。
 2つの意思をもった造形は、それぞれに心地よい空間を作り出すかわりに、2つへの配慮をしていくため、高度な技術と知識を要していきます。


花職向上の十式花職向上 特集ピックアップ記事デザイン・造形・講師・自己開発
デザインの世界
花職向上の十式 フローラルアート花職向上の九式 効果とテーマ花職向上の八式 印象とインスピレーション
花の「基礎」
花職向上の七式 植物の扱い花職向上の六式 テクニック花職向上の五式 空間と動き花職向上の四式 構図花職向上の三式 歴史花職向上の二式 調和(ハーモニー)
基本的なルール
花職向上の一式 配置花職向上の零式 花に携わる


www.flower-d.com/10siki/
花職向上委員会 「花職向上の十式」
Copyrightc 2007 flower-d.com All Rights Reserved.