花職向上の十式 すべての花職人たちへ 【 プロのための知識と技術 】

花職人は専門の知識と技術が必要です。習得の為に色々努力をします。 確かな技術習得にはある程度専門的な学習が必要ですが、情報が錯乱している現代では、なかなかその導が見つけられなくいる花職人が多いようです。そこでこの花職向上の十式 その全てを公開しています。
花職向上委員会
トップページ HOME 花職向上委員会 花職人検索 花職向上members お問い合わせ E-mail
花職向上委員会

トップページ HOME 花職向上委員会 花職人検索 花職向上members お問い合わせ E-mail

花職向上の十式:
最終更新日
2018/11/23 12:52

花職向上の十式
花職向上 特集ピックアップ記事
デザイン・造形・講師・自己開発
花職向上委員会 出版Books

デザインの世界
花職向上の十式 フローラルアート
花職向上の九式 効果とテーマ
花職向上の八式 印象とインスピレーション

花の「基礎」
花職向上の七式 植物の扱い
花職向上の六式 テクニック

花の「基礎」
花職向上の五式 空間と動き
花職向上の四式 構図
花職向上の三式 歴史
花職向上の二式 調和(ハーモニー)

基本的なルール
花職向上の一式 配置
花職向上の零式 花に携わる


【その他のメニュー】


■ すすめかた(例)

 ★ 推奨「基礎科」〜
    デザイン造形

 □ 新・講師開発
 □ 新・自己開発
 □ デザイン・造形

■十式の使い方 How-To

■花職向上の十式(for_PDF)







花職向上の八式 【 印象とインスピレーション 】 時代様式と主義


 様式学から学ぶ様々な印象やインスピレーションは、どの業界でもあり、大変有意義なことであります。
 私たちもこれらの基礎的知識と応用力はつけていかなければなりません。なぜ?西洋に? 意味は色々あります。日本ではどうしても「いけばな」との関係が必然で、私達デザインをするのであれば。
 またどのデザイン界でも同じように、世界基準になっている様式を学ぶことは非常に大切なことだと知っているからです。
・西洋の様式学<インスピレーション>
 (ロマネスク=) (ゴシック=)
 (ビザンチン=) (マニエリスム=)
 (バロック=) (ロココ=)
 (ダッチ アンド フレミッシュ)
 (コンストラクティブ=) (機能主義=)
 (アールヌーヴォ=) (アールデコ=)
・主義&アート<インスピレーション>


西洋の様式学<インスピレーション>
主義&アート<インスピレーション>

 その時代に何が起こって、人々の生活は...建築は...絵画は...非常に好奇心も沸き楽しい世界です。
 私達は植物を相手にしているものですから、どうしても植物の誕生・植生・生息なども気にはなります。しかしここは割り切って「インスピレーション」で構築する方向を中心に考えていきます。
 過去にも様式学を様々な方向から研究し、発表されたこともありますが、スタンスをしっかりととって「それらの時代のインスピレーション」と取った場合、建築が、絵画が、そのままダイレクトに植物デザインに走れるようになりました。
 まだまだ研究を重ね新しい「もの」を誕生させることのできる定義です。


花職向上の十式花職向上 特集ピックアップ記事デザイン・造形・講師・自己開発
デザインの世界
花職向上の十式 フローラルアート花職向上の九式 効果とテーマ花職向上の八式 印象とインスピレーション
花の「基礎」
花職向上の七式 植物の扱い花職向上の六式 テクニック花職向上の五式 空間と動き花職向上の四式 構図花職向上の三式 歴史花職向上の二式 調和(ハーモニー)
基本的なルール
花職向上の一式 配置花職向上の零式 花に携わる


www.flower-d.com/10siki/
花職向上委員会 「花職向上の十式」
Copyrightc 2007 flower-d.com All Rights Reserved.