花職向上の十式 すべての花職人たちへ 【 プロのための知識と技術 】

花職人は専門の知識と技術が必要です。習得の為に色々努力をします。 確かな技術習得にはある程度専門的な学習が必要ですが、情報が錯乱している現代では、なかなかその導が見つけられなくいる花職人が多いようです。そこでこの花職向上の十式 その全てを公開しています。
花職向上委員会
トップページ HOME 花職向上委員会 花職人検索 花職向上members お問い合わせ E-mail
花職向上委員会

トップページ HOME 花職向上委員会 花職人検索 花職向上members お問い合わせ E-mail

花職向上の十式:
最終更新日
2018/11/23 12:52

花職向上の十式
花職向上 特集ピックアップ記事
デザイン・造形・講師・自己開発
花職向上委員会 出版Books

デザインの世界
花職向上の十式 フローラルアート
花職向上の九式 効果とテーマ
花職向上の八式 印象とインスピレーション

花の「基礎」
花職向上の七式 植物の扱い
花職向上の六式 テクニック

花の「基礎」
花職向上の五式 空間と動き
花職向上の四式 構図
花職向上の三式 歴史
花職向上の二式 調和(ハーモニー)

基本的なルール
花職向上の一式 配置
花職向上の零式 花に携わる


【その他のメニュー】


■ すすめかた(例)

 ★ 推奨「基礎科」〜
    デザイン造形

 □ 新・講師開発
 □ 新・自己開発
 □ デザイン・造形

■十式の使い方 How-To

■花職向上の十式(for_PDF)







花職向上の七式 【 植物の扱い 】 死んだ自然


 植物の扱いとして植物から学びえたもの以外の扱いとしては、唯一といってもいいでしょう。
 外面として認識し構築可能なこれらの扱いには、様々な配慮が必要となってきます。
・成長=発展しない自然さ
 (静物画)


死んだ自然

 表題の表現はともかく、この扱いは1600〜1800年頃(ダッチ_アンド_フレミッシュ(花の絵))から学び取られたものです。
 画家が描いた植物の向きや雰囲気・表現方法があります。これらを私達はどのように理解し、構築するべきかそれには構図も必要不可欠な要因の1つと言えるでしょう。
 過去には「静物画」として、様々な方面を考えていた時代もありましたが、これらを1つの「扱い方」にすると、大きな発展が生まれていきます。
 成長も発展もしない自然さでは、他のどの扱い方とも異なった世界観がかもし出せます。もちろん静物画として完成させる為には、それらの知識が別途必要となってきます。
 「死んだ自然の扱い」+「静物画」


花職向上の十式花職向上 特集ピックアップ記事デザイン・造形・講師・自己開発
デザインの世界
花職向上の十式 フローラルアート花職向上の九式 効果とテーマ花職向上の八式 印象とインスピレーション
花の「基礎」
花職向上の七式 植物の扱い花職向上の六式 テクニック花職向上の五式 空間と動き花職向上の四式 構図花職向上の三式 歴史花職向上の二式 調和(ハーモニー)
基本的なルール
花職向上の一式 配置花職向上の零式 花に携わる


www.flower-d.com/10siki/
花職向上委員会 「花職向上の十式」
Copyrightc 2007 flower-d.com All Rights Reserved.