花職向上の十式 すべての花職人たちへ 【 プロのための知識と技術 】

花職人は専門の知識と技術が必要です。習得の為に色々努力をします。 確かな技術習得にはある程度専門的な学習が必要ですが、情報が錯乱している現代では、なかなかその導が見つけられなくいる花職人が多いようです。そこでこの花職向上の十式 その全てを公開しています。
花職向上委員会
トップページ HOME 花職向上委員会 花職人検索 花職向上members お問い合わせ E-mail
花職向上委員会

トップページ HOME 花職向上委員会 花職人検索 花職向上members お問い合わせ E-mail

花職向上の十式:
最終更新日
2018/11/23 12:52

花職向上の十式
花職向上 特集ピックアップ記事
デザイン・造形・講師・自己開発
花職向上委員会 出版Books

デザインの世界
花職向上の十式 フローラルアート
花職向上の九式 効果とテーマ
花職向上の八式 印象とインスピレーション

花の「基礎」
花職向上の七式 植物の扱い
花職向上の六式 テクニック

花の「基礎」
花職向上の五式 空間と動き
花職向上の四式 構図
花職向上の三式 歴史
花職向上の二式 調和(ハーモニー)

基本的なルール
花職向上の一式 配置
花職向上の零式 花に携わる


【その他のメニュー】


■ すすめかた(例)

 ★ 推奨「基礎科」〜
    デザイン造形

 □ 新・講師開発
 □ 新・自己開発
 □ デザイン・造形

■十式の使い方 How-To

■花職向上の十式(for_PDF)







花職向上の六式 【 テクニック 】 花束テクニック


 花束をテクニック的にまとめて、制作していきます。
 基本的に「アレンジメント」も同様な定義で様々なスタイルが存在しますが、テクニック的な部分を除き花束で履修しなくても良いテーマがほとんどです。
 ここでは、基本的なテクニックから学んでいき、表現では様々なテーマにおいて「花束で制作」などといった行為に発展して欲しいものです。
 花束だけでのテーマは数少ないもので、その部分を踏まえ考えていきたいものです。
・スパイラルテクニック
 (アンコ素材の活用) (解かれた花束)
 (モダンなプロポーション)
 (ペーパーを利用して) (枝ものを利用して)
・シュトラウス ミット ウムラームング
・シュトラウス ミット ウンターフォーム
 (ラウンド) (ホリゾンタル)
 (その他の表現と融合して)
・その他
 (マンシュッテ) (ヴァーゼンシュトラウス)


スパイラルテクニック

 花束テクニックでは、基本的なスパイラルができることを原則として進めます。 ここでは主に「アンコ」の活用や異素材を使用したもの、細かなテクニックに移行します。
 花束は基本的に「手で持って制作」していきます。手の中で上手く作れない時には、スポンジに理想系を制作しましょう。
 制作できない理由としては
1. テクニックが安定していない。
2. アンコを上手く使用できていない。
3. 持ち手に余分な力が入っている。
 などがあげられます。
 ある程度個人の努力や修練が必要です。基本的操作は全てマスター出来るように努力しましょう。





シュトラウス ミット ウムラームング

 枠組みのある花束造形です。かたちは「クランツ」を代表として「星型」「ハート」様々です。 これらの定型枠をまずは制作してから進めますが、デザイン的にもフローリステッックにも制作可能です。
 基本的なプロポーション・テクニックを確認しながら、まずは伝統のスタイルをマスターします。
 もちろん基本テクニックは「パラレル」で制作しますが、基礎から離れればその範囲もありません。





シュトラウス ミット ウンターフォーム

 下組みのある花束においては、様々名称がついています。ここでは「ウンターフォーム」ですが一般的に「ヘルパー」「フラワーアシスト」「ゲリュスト」などと呼ばれているものもあります。
 下組みを活用して花束を制作すると、意外にも複雑な造形でも容易く制作ができますが、かわりにテクニック(結束部分・主にスパイラルなど)が困難な状態になるものが多いようです。
 ただ下組みを制作して花束をつくるのではなく、活用方法や細かなテクニックも習得して欲しいものです。 まずはラウンド、そしてホリゾンタルなどといったように、ステップアップするのも良いでしょう。
 最終的には表現の世界までいき、様々な作品にチャレンジください。





その他

 ヴァーゼンシュトラウス・マンシュッテ(カフス)など様々な花束の基礎はあります。
 しかしながら一般的でないものも多く、自身の幅を広げるために他のものにチャレンジをするようにしてほしいものです。

 冒頭にもあったように花束で全ての表現やテーマの習得は大変難しいです。アレンジメントしたテーマを考え、さらなる発展を目指してください。


花職向上の十式花職向上 特集ピックアップ記事デザイン・造形・講師・自己開発
デザインの世界
花職向上の十式 フローラルアート花職向上の九式 効果とテーマ花職向上の八式 印象とインスピレーション
花の「基礎」
花職向上の七式 植物の扱い花職向上の六式 テクニック花職向上の五式 空間と動き花職向上の四式 構図花職向上の三式 歴史花職向上の二式 調和(ハーモニー)
基本的なルール
花職向上の一式 配置花職向上の零式 花に携わる


www.flower-d.com/10siki/
花職向上委員会 「花職向上の十式」
Copyrightc 2007 flower-d.com All Rights Reserved.