花職向上の十式 すべての花職人たちへ 【 プロのための知識と技術 】

花職人は専門の知識と技術が必要です。習得の為に色々努力をします。 確かな技術習得にはある程度専門的な学習が必要ですが、情報が錯乱している現代では、なかなかその導が見つけられなくいる花職人が多いようです。そこでこの花職向上の十式 その全てを公開しています。
花職向上委員会
トップページ HOME 花職向上委員会 花職人検索 花職向上members お問い合わせ E-mail
花職向上委員会

トップページ HOME 花職向上委員会 花職人検索 花職向上members お問い合わせ E-mail

花職向上の十式:
最終更新日
2018/11/23 12:52

花職向上の十式
花職向上 特集ピックアップ記事
デザイン・造形・講師・自己開発
花職向上委員会 出版Books

デザインの世界
花職向上の十式 フローラルアート
花職向上の九式 効果とテーマ
花職向上の八式 印象とインスピレーション

花の「基礎」
花職向上の七式 植物の扱い
花職向上の六式 テクニック

花の「基礎」
花職向上の五式 空間と動き
花職向上の四式 構図
花職向上の三式 歴史
花職向上の二式 調和(ハーモニー)

基本的なルール
花職向上の一式 配置
花職向上の零式 花に携わる


【その他のメニュー】


■ すすめかた(例)

 ★ 推奨「基礎科」〜
    デザイン造形

 □ 新・講師開発
 □ 新・自己開発
 □ デザイン・造形

■十式の使い方 How-To

■花職向上の十式(for_PDF)







花職向上の五式 【 空間と動き 】 空間を感じる


 そのほかの空間を定義としたものを習得します。
 先の定義でも同じように「空間」とは植物の動きと密接な関係を持っています。 植物の動きを見せるためには、空間が必要で、空間を作ることは植物の動きに関して注意を払わなければなりません。
・生きた空間&死んだ空間
 (フォーマル リニアール)
 (キッセン構成) (ザハリッヒカイト)
・ロッカー
 (ユーバシュナイドゥンゲン)


生きた空間&死んだ空間

 空間には2つの作用があります。表現方法は様々でありますが、ここでは「生きた空間」と「死んだ空間」として表現しています。この作用は日本の「いけばな」に最も近い考え方なのかも知れません。 西洋ではそのような考えが非常に困難で、歴史的に「フォーマル=リニアール」が発展していった経緯と共に習得すると良いでしょう。
 アレンジメント(丸や三角デザイン)と植生的なものしか無かった時代に、新しい造形を誕生させる為「機能主義:バウハウス理論」を基に花の造形に役立てられました。しかしその解釈は非常に困難で万人に理解されなかったようです。それらを職業学校用に構築しなおされたものが有名な「フォーマル・リニアール」と聞きます。
 その構成は少ない素材で多くの要素を取り入れるための「コントラスト」さらに「空間分割」によって今までにない造形が誕生したものです。しかしフローリストやデザイナーは、それらの作用をもう一歩踏み出そうとして多くの人が試みた造形までここでは時代を追って習得します。
 空間を活かした作品を制作するための知識として習得することを願います。





ロッカー(空間)

 ロッカーをテーマに様々な造形を考えていきます。 最初に交差を取り入れたものをしていきますが、やはり自然界から学ぶのを最初の一歩として考えていくのが良いでしょうか。
 過去に発展した造形から学ぶことで、多くの情報を入手できます。交差には必ず「ロッカー・空間」が必要で、それらの操作をマスターします。
 もちろんここだけの定義ではありません。今後様々な造形と融合したり、活用したりしていきます。 より広く考えこれらの解釈を習得しましょう。


花職向上の十式花職向上 特集ピックアップ記事デザイン・造形・講師・自己開発
デザインの世界
花職向上の十式 フローラルアート花職向上の九式 効果とテーマ花職向上の八式 印象とインスピレーション
花の「基礎」
花職向上の七式 植物の扱い花職向上の六式 テクニック花職向上の五式 空間と動き花職向上の四式 構図花職向上の三式 歴史花職向上の二式 調和(ハーモニー)
基本的なルール
花職向上の一式 配置花職向上の零式 花に携わる


www.flower-d.com/10siki/
花職向上委員会 「花職向上の十式」
Copyrightc 2007 flower-d.com All Rights Reserved.