花職向上委員会 磯部健司 花職人の日記(ブログ) 【 花職向上・花職人・デザイン 】

2014年より、花職向上委員会のお知らせのみを掲載しているページです。
話題には、フラワーデザインや花職人の事はもちろん、イベント情報など
それ以前は、花職人である磯部健司(サイト運営者)のブログ調日記で、も色々です。
プライベートで弁当や料理レピシなども登場していました。
facebook記事への移行が大きくありましたが、重要な情報は載せるようにしています。
花職向上委員会
花職向上委員会 花職向上の十式 花職人検索 花職向上members BLOG情報ブログ記事
花職向上委員会


花職向上委員会 花職向上委員会 花職向上の十式 花職人検索 花職向上members BLOG情報ブログ記事

www.flower-d.com
最終更新日
2021/10/19 08:43


はじめての方へ
作品集(デザイン) カレンダー写真
磯部健司プロフィールProfile
リンク集
花職向上委員会 出版Books
youtube動画 レクチャー
花職人リンク 生花店&塾
法律上の表示 プライバシー
お問い合わせ E-mail
添付ファイル用 メール送信

【 Pick_UP! 記事 】
■セミカスタム「フローリスト」ナイフの案内
■量産型フローリストナイフ
■号外「基本セオリーがわかる 花のデザイン」2019




【 Blog記事一覧 】

《 2021 年 》

10月________
2022年 カレンダー(10/15)

06月________
重要事項 ※カレンダー(06/22)

05月________
youtubeメンバーシップ開局+(05/27)

04月________
必見「植物のタッチ」(04/12)

03月________
色々あって●●しました。(03/24)

02月________
非対称の真相と、つぶやき(02/15)

01月________
緊急事態宣言で_動画をいっぱいUPします。(01/22)
2021(令和3)年カレンダー紹介!(01/04)

《 2020 年 》

12月________
ランドシャフト印象(12/08)

11月________
日本の伝統「しめ縄」(11/25)
クリスマスの真実(11/17)
空間を操作する(11/02)

10月________
グランドオープン(動画サイト)(10/05)
植物のタッチ(10/02)

09月________
レクチャー動画を撮っています。(09/20)

08月________
Geometrie formen als vorbild(08/28)
基礎の発刊・コンプリートBOX(08/23)
本・カレンダー・コンプリートBOX(08/18)
やってみたかった。。(08/06)

07月________
御祝 開局「基本セオリーがわかる・花のデザイン」ニコ動(07/21)

06月________
youtubeの趣旨がまとまりました。(06/28)
非対称の理論(06/23)
ブリトラ完全解説(06/05)

05月________
フローリストナイフの使い方(05/20)

04月________
セミナー休止と動画案内(04/30)
休業協力要請(04/20)
4月セミナー中止のお知らせ(04/07)

03月________
最悪を特別に!(03/30)

01月________
youtubeテスト動画(01/31)
台湾版 ep4(前書)(01/08)

《 2019 年 》

12月________
テスト動画(12/09)

10月________
継続は力・花の力を信じて(10/20)

05月________
SNSでは細かい記事も(05/26)
号外「基本セオリーがわかる 花のデザイン」2019(05/15)
2019年母の日(05/14)

04月________
Basicカレンダー作品紹介動画(04/11)

01月________
謹賀新年と記事紹介(01/09)

《 2018 年 》

11月________
花の触り方(11/10)

10月________
【告知・PR・プレゼント企画】(10/14)

09月________
花職向上委員会よりの出版 第三弾(09/10)

06月________
台湾進出! 出版1号(06/15)

05月________
おひさしぶり(05/29)

03月________
月刊フローリスト(03/08)

02月________
Floristry Advancement Committee(02/07)
デッコーロウォモ シャツ(02/02)

01月________
花職向上FF 一段落「お礼状」(01/25)
デモンストレーションの動画(01/18)
御礼&速報(01/15)
あと1週間!!(花職向上FF)(01/06)

《 2017 年 》

12月________
コンテスタント・デモンストレーター 決定(12/10)


続きは...(こちらから)




  【 岡山での撮影 & 最近話題の〜〜とは?の回答 】 
2011/11/12 19:07  .
facebookページ



岡山で撮影を行ってきました。facebookではリアルタイムで記事を簡単に書いていましたが、ここでも報告です。

2日間で全5カットの素晴らしい作品が撮影できました 有難うございます。

作品は2013年用のもので、来年の秋まで非公開となります。申し訳ありません。ちょっとした雰囲気(一部のカットだけ)でお楽しみください。





先日からこんな話をよくしております。実は随分前から話をしていたのですが、全くもって今まで理解されていないのが現実でした。

お花の世界は、なかなかデザイン界、または芸術・工芸には入れてもらえません。なぜでしょうか?



自然界で綺麗なお花が咲いているもので、元々綺麗なお花を使って、綺麗になるのは当たり前だからです。(よく恰好よく「神が作りし芸術を...」っと言っていました。)お花を飾る行為を「装飾」と言います。装飾されたものを敬意をはらって「ディスプレー」と言います。

それはデザインでも無ければ作品でもありません。



しかし、私たちは自然界で咲いたお花を扱った事をしております。それらを最大限活かす事は私たちの仕事です。けれど時にして「植物を使っているだけ」の時もあります。表現する方法、造形が別に他の何かでも構わない時もあります。



彫刻の世界もシュルレアリストやダダイズムの時代から「オブジェ」と言われる部門に入ってきました。オブジェと言うには全ての機能を壊さなくてはオブジェと呼びません。当たり前の話です。そう!自己で完結しなければオブジェと言わないのです。

現代美術の中では、インスタレーションという表現の手法があります。これらは思想やテーマを見て頂き、心や頭の中で楽しむ芸術です。これらは作品には成らず1つの啓示と言えば解りやすいでしょうか。

もちろん写真に納めたらそれらは「作品」になります。



私たちが意識をして「装飾」なのか「作品」なのかを分別し、しっかりとした立場表明をすることが重要なものだと考えております。もしかしたらこれが最初の一歩なのかも知れません。



「装飾」=お花を綺麗に飾る行為

「作品」=自己完結が必須



これは左程難し問題ではありません。現に初級者が行うアレンジメントは「作品」ですから。なぜ?そんな当たり前の定義が今話題になりつつあるのか?!

近年におけるフラワーデザインでは、軽々しく「オブジェ」と言ってみたり、様々なアイディアで「木材」「アクリル」「鉄」などの素材が使えるようになったからでしょう。巧みにそれらの素材を扱い、そして制作するものが「作品」なのか「装飾」なのか、はたまたそのどちらにも入らない「おもちゃ」なのか。これは大変重要な分かれ道だと感じています。



著作権の話をすればもっと理解できるのが、私たちの世界です。お花の作品を写真家が撮影をすれば、これはカメラマンの作品となり、著作権が全て移ります。そう!肖像権も著作権も無いのがお花なのです。

これを変えるには、大きな運動が必要です。もちえろん私たちの世代では無理かも知れませんが、布石は後世に必ず残さなければなりません。

そしてその第一歩が「作品」を作る事です。装飾も重要な私たちの仕事ですが、必ず分けて考え実行する事が重要です。



何と言われようが、私たちは「花職向上」が目的です。もちろん商売もプライベートも大切で、頑張っておりますが、もう1つの夢、 それには「作品」と「装飾」を分ける事から始めなければならない事に気付いた、今日この頃でした。












※ Blog_Title_List

Copyright© 2009 flower-d.com All Rights Reserved.